【ブリッツ】SUS CORE DA17W/V EVERY MITSUBISHI ミニキャブバン (MINICAB VAN) 15/03- DS17V R06A(Turbo)


 >  > 【ブリッツ】SUS CORE DA17W/V EVERY MITSUBISHI ミニキャブバン (MINICAB VAN) 15/03- DS17V R06A(Turbo)
DIXCEL/ディクセル ブレーキディスクローター HS フロント左右セット PORSCHE 944 2.5 TURBO 年式:86~88 品番:HS151 3254S
NSスタイル アイライン 左右セットステラカスタム(前期)T-1 LA100F,110F H22.5~H24.11純正カラー塗装済み
 
 
ホーム > ジャーナリズムの道徳的ジレンマ

【ブリッツ】SUS CORE DA17W/V テルスタ EVERY MITSUBISHI ミニキャブバン EC204 (MINICAB VAN) 15/03- DS17V R06A(Turbo)

報道倫理のグレーゾーンに潜む20の難問。現場経験も豊富な研究者ならではの視点で再考する ●シーカー●シビック FN2 TYPE-R EURO S.E.S.テールサイレンサー カワサキ純正 ホルダー コンプ キャリパー リア 43044-0039 JP店、ジャーナリズムの新しいケースブック。

著者、編者 カワサキ純正 ギヤ ベベル ドリブン 20T 49022-0007 JP店、訳者など 畑仲 哲雄
ジャンル 社会・女性
ISBN 978-4-326-60307-7
出版年月 2018年8月
判型・ページ数 A5判・256ページ
定価 本体2,300円+税
在庫 在庫あり
 

R06A(Turbo) VAN) EVERY (MINICAB DA17W/V CORE 【ブリッツ】SUS ミニキャブバン DS17V DA17W/V MITSUBISHI 15/03- ミニキャブバン

ニュース報道やメディアに対する批判や不満は高まる一方。だが、議論の交通整理は十分ではない。「同僚が取材先でセクハラに遭ったら」「被災地に殺到する取材陣を追い返すべきか」「者が匿名報道を望むとき」「取材謝礼を要求されたら」など、現実の取材現場で関係者を悩ませた難問を具体的なケースに沿って丁寧に検討する。

このページのトップへ

目次

ねらいと使い方 ジャーナリズム倫理を絶えず問いなおす

第1章 人命と報道
 CASE:001 最高の写真か デイトナ DAYTONA 92276 GIVI PCB01 防水シートバッグ EASY 容量40L リフレクター付 プロジェクトミュー RACING-N1 ブレーキパッド フロント ホンダ インテグラ、

【ブリッツ】SUS CORE DA17W/V EVERY MITSUBISHI ミニキャブバン (MINICAB VAN) 15/03- DS17V R06A(Turbo),[#tong##]

SUS CORE DA17W/V EVERY MITSUBISHI ミニキャブバン (MINICAB VAN) 15/03- DS17V R06A(Turbo)メーカーブリッツ【BLITZ】メーカーコード26238カテゴリ適合代表車種※詳細な適合の事前確認はお問い合わせください。お届け納期メーカー及び商品によって異なる為、お急ぎの方はお問い合わせください。※ショッピングカート受注後でも納期確認後のキャンセルは可能です。発送送料お届けの地域によって異なります。目安送料は ¥2,160円(税込) となります。※個人のお客様への発送は追加料金が掛かる場合があります。ご自宅へ発送希望の方は予めお問い合わせください。注意事項※商品画像は装着画像や塗装済みのイメージ画像の場合がございます。カラーが異なる場合もございますのでご注意ください。※塗装が必要な外装品(エアロパーツ)は特性上下地処理が必要となります。表面の小傷等は不良ではございません。※商品の装着後(塗装後含)のキャンセルはお受け致しかねます。商品が届きましたら必ず装着前にご確認をお願い致します。商品タグ26238 SUS CORE DA17W/V EVERY MITSUBISHI ミニキャブバン (MINICAB VAN) 15/03- DS17V R06A(Turbo) ブリッツ BLITZ詳細は・・・お気軽にお問い合わせください。

【ブリッツ】SUS CORE DA17W/V EVERY MITSUBISHI ミニキャブバン (MINICAB VAN) 15/03- DS17V R06A(Turbo)

、最低の撮影者か
 CASE:002 人質解放のためにに協力すべきか
 CASE:003 原発事故が起きたら記者を退避させるべきか
 CASE:004 家族が戦場ジャーナリストになると言い出したら

第2章 報道による
 CASE:005 被災地に殺到する取材陣を追い返すべきか
 CASE:006 者が匿名報道を望むとき
 CASE:007 加害者家族を「世間」から守れるか
 CASE:008 企業倒産をどのタイミングで書く

第3章 取材相手との約束
 CASE:009 オフレコ取材で重大な事実が発覚したら
 CASE:010 記事の事前チェックを求められたら
 CASE:011 記者会見が有料化されたら
 CASE:012 取材謝礼を要求されたら

第4章 ルールブックの限界と課題
 CASE:013 ジャーナリストに社会運動ができるか
 CASE:014 NPOに紙面作りを任せてもいいか
 CASE:015 ネットの記事を削除してほしいと言われたら
 CASE:016 正社員の記者やディレクターに表現の自由はあるか

第5章 取材者の立場と属性
 CASE:017 同僚記者が取材先でセクハラに遭ったら
 CASE:018 犯人が正当な主張を繰り広げたら
 CASE:019 宗主国の記者は植民地で取材できるか
 CASE:020 AIの指示に従って取材する是非

あとがき ジャーナリストの理想へ向けて
索引

■思考の道具箱■
傍観報道
番犬ジャーナリズム
共通善
危険地取材
臨時災害放送局
CPJ
自己責任
メディアスクラム
合理的な愚か者
サツ回り
犯罪者支援
熟議
被疑者と容疑者
世間
特ダネ
倒産法
コンプライアンス
知る権利
取材源の秘匿
2種類の記者クラブ
地位付与の機能
ゲラ
報道の定義とは?
小切手ジャーナリズム
記者会見
「ギャラ」
キャンペーン報道
アドボカシー
黄金律
NPO(非営利組織)
地域紙と地方紙
アクセス権と自己情報コントロール権
良心条項
記者座談会
ゲリラとテロリズム
ポストコロニアリズム
倫理規定
ロボット倫理
発生もの

このページのトップへ

書籍簡易検索

詳細検索へ

会社概要

株式会社 勁草書房

東京都文京区水道2-1-1

〒112-0005

営業部

TEL:03-3814-6861

FAX:03-3814-6854

コミュニケーション事業部

TEL:03-3814-7112

FAX:03-3814-6904

 
{yahoojp} {keisoshobo.co.jp}
{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-11760