>  > 【ワールドウイング / ライザー】NW-0014 エスクァイア/ESQUIRE ZRR80G/ZRR85G ルーフ有/無対応 H26.10- LYZER LEDルームランプセット

駒田博紀の鉄人鍛練記

第5話「VIP鎌田の裏切り」に戻る

 

6月9日(金) 朝6時、ケアンズ空港に到着。

成田発ケアンズ着のジェットスター直行便は、朝4時50分に到着することになっている。

【ワールドウイング / ライザー】NW-0014 エスクァイア/ESQUIRE ZRR80G/ZRR85G ルーフ有/無対応 H26.10- LYZER LEDルームランプセット正規品通販

。しかし思った通り、出発が大幅に遅くなったので到着も遅くなった。しかし、5時前に着いても基本的にどうしようもないので、これはこれでいいかと思ったりする。

前回はケアンズ中心地から1.3kmほど離れたホテルに泊まった。宿泊費も抑えめでいいホテルだったのだが、問題点もあった。移動のたびにタクシーを呼ばなければ動きが取れなかったのだ。

基本的に、ケアンズには流しのタクシーはない。タクシーに乗りたいときは、レストランやホテルに入り、そこでタクシーを呼んでもらわなければならない。これはなかなかの手間であった。そして、細かく何度もタクシーに乗っていると、その料金もバカにならない。結局、中心地のホテルに泊まるのと、総額的にはあまり変わらなかった。なにより、レース後フラフラの状態でタクシーを呼んで、ホテルまで帰るのはしんどかったのだ。

そこで今回は、レース会場でもある「エスプラネード」から徒歩圏内にあるホテルを予約した。俺とまどかは、“Pullman Hotel Cairns International”遠藤・鎌田チームは “Pacific Hotel Cairns” 送料無料■マナレイスポーツ ユーロスピード BL-10■ブラックポリッシュ■15inch 5.5J■4穴100mm■選べるタイヤ■185/55R15。

ちなみに、カズはしきりに「僕たちパシフィコです」と言っていたのだが、パシフィコは横浜であってケアンズではない。


※ Pullman Hotel Cairns の外観。

 

8時半にPullmanに到着した俺たちは、「大きな荷物を預けてから、エスプラネードに行こう」と考えていた 【送料無料】 165/70R14 14インチ WEDS ウェッズ ジョーカー シェイク 5.5J 5.50-14 YOKOHAMA ヨコハマ エコス ES31 サマータイヤ ホイール4本セット。しかし、フロントの人と話してみると、アーリーチェックインが可能だという。

 

「おいくらですか?」

「20ドルです」

 

 

#金で解決すればいいんですよ

 

 

VIP鎌田の教えをここでも忠実に守った俺は、即決でアーリーチェックインを果たした。大きな荷物を部屋に運び入れ、まずはシャワーを浴びる。VIP鎌田組もきっとアーリーチェックインをキメているだろう。

 

悠々とシャワーを浴びているうちに、どうやら遠藤・鎌田組は先にエスプラネードに向かったようだ。9時にはアイアンマンEXPOが開場するので、いち早くアスリート・チェックインをしてしまおうということだろう。俺とまどかも歩いてエスプラネードに向かう。徒歩5分で行けるので非常に便利だ。

 

また戻ってきたかと感慨深くEXPO内を歩き、あるいは浮かれて飛んだりしていると、「こまさん!!」と声をかけられた。

 

「みずおー!久しぶり!!」

 

昨年、誤って「1908年生まれ」で登録してしまい、御歳108歳の超大型新人としてアイアンマン・ケアンズに参戦した、キャプテン・アメリカもびっくりなみずおと再会 。

 

みずおは昨年、奥さんのゆきこさん、娘さんのもっちゃんと3人でケアンズに来ていた。奥さんの待つフィニッシュラインに辿り着き、初アイアンマンになろうとしたみずおだったのだが、結果はまさかのひとりフィニッシュであった。みずおのフィニッシュに立ち合えなかったゆきこさんは大泣きしてしまったらしい。そこで、みずおは「妻に捧げるアイアンマン」として今年もケアンズに参戦したのだ。


※ 2016年のアイアンマン・ケアンズ、ひとりフィニッシュなみずお。

 

「誰もいなかったからちょっと心細かったんですよ〜」と言うみずおと一緒に、アスリート・チェックインに進む。

前回、俺は「駒田 博紀」という日本名で選手登録をしていた。そのため、フィニッシュラインでアイアンマンコールをしてもらえないという憂き目にあった 16インチ サマータイヤ セット【適応車種:マークX(130系 2.5L)】HOT STUFF Gスピード P01 ガンメタポリッシュ 6.5Jx16プロクセス C1S 215/60R16。それどころか、フィニッシュゲートの大時計で「????」と表示される始末であった。ひとりフィニッシュほどの悲しみはないにせよ、ほんの少し残念ではあった。

しかし、今回は違う。前回の教訓を生かし、”Hiroki Komada”として登録していたので、そのようなことはないはずだ。ゼッケンにも “759 HIROKI” と書いてある。大丈夫、イケる。

 

俺のアスリート・チェックインはスムーズに終わった。しかし、みずおがいつまでたっても出てこない。中に戻って見てみると、まどかの通訳付きで何やら話し込んでいる。不穏な気配が立ち込める。

 

なんということだろう。ウスイ・ミズオ選手は性別 “Female” として登録されていた。どうしてこうなった。前回の教訓はどこにいった。ワザとかオイ。

 

キャプテンみずお改め、Fみずお。なんだか今回も危うし。

 

第7話「アイアンマン事務局に物申す」に続く

※ VIP鎌田はまさかのアーリーチェックインせず。なんでだオイ。下の応援バナーのクリックをお願いします。

にほんブログ村

 - アイアンマン・ケアンズ2017