足のクリニック監修治療対象疾患

足底腱膜線維腫 そくていけんまくせんいしゅ

「痛みはそれほど強くはないが 、足の裏に硬い出っ張りがある」と言われる方が多い病気です。
足底腱膜炎と症状は似ていますが、硬く張りのある動かない腫瘤があります。
通常、腱や靭帯などの組織はそれ自体に負担がかかるのではなく アウディ A3 8V系用 スタッドレス ヨコハマ アイスガードシックス iG60 225/45R17 91Q OZ MSW 86 タイヤホイール4本セット、付着している部分に大きな負荷がかかります。従って足底腱膜はその付着部である踵の骨との間に炎症を起こしやすいのですが、ときどき足底腱膜そのものに障害を起こすことがあります。足底腱膜自体は非常に強い組織であるため、かなりの負荷がかかっても切れてしまうようなことは滅多にありません。しかしながら慢性的な負荷により小さな損傷が起こったり、それが治ったりを繰り返すことは多く、これにより損傷部位は瘢痕と呼ばれる硬い組織に置き換わり、それを腫瘤のように触れることができます。

大きくても手術で切除する必要性はほとんどなく BRANEW LEXUS LS 後期 BLIIフェンダー、数回にわたりステロイドの局所注射をおこなうことで瘢痕は小さくなります。但し、足底腱膜に負荷がかかっている原因の対策を行う必要はあるでしょう。

足のクリニック監修 治療対象疾患一覧