>  > 腸内細菌ラクトバチルス菌ラムノシド(チョイスイミューン)得用200~50日分【サプリメント/腸内細菌ラクトバチルス菌/ラムノシド/乳酸菌生産物質/サプリ/健康食品/アレルギー対応/グルテンフリー】

[ 【送料無料】アルファウェーブ ヨガマット (ご希望のカラーをお選び下さい) > <全品ポイント5倍★9日20:00-16日11:59>【大容量】選べるフレーバー!ボディメイクフルコンプリートセット ヘビーウエイト900【チョコレート】チャンピオン/HYDRO BCAA 90回分/Champion アミノ酸 EAA > 〓10%OFF〓《5個まとめ買い》『 天然 オリゴ糖(ラフィノース) 100g×5 』【北海道産ビート(甜菜)使用/便秘、お通じ、ダイエット、糖が気になる方へ】【RCP】【05P29Jul16】 E・サントリー 伊右衛門 特茶 選んで2ケース【送料無料・同梱不可】  ※一部地域・会社等への発送の場合、時間指定ができない場合がございます。 ネルアップ 62粒 3袋セットサプリメント 睡眠 サプリ 睡眠サプリメント 健康食品 栄養機能食品 ダイエット サプリメント 簡単 カロリー 黒しょうが L-カルニチン フォルスコリ GABA ラフマ ネムノキ クーポンEMC+Compliance Journal より ]

腸内細菌ラクトバチルス菌ラムノシド(チョイスイミューン)得用200~50日分【サプリメント/腸内細菌ラクトバチルス菌/ラムノシド/乳酸菌生産物質/サプリ/健康食品/アレルギー対応/グルテンフリー】

by Sean Clarke, Compliance Engineer, Epsilon Technical Services Limited

翻訳: T.Sato


腸内細菌ラクトバチルス菌ラムノシド(チョイスイミューン)得用200~50日分【サプリメント/腸内細菌ラクトバチルス菌/ラムノシド/乳酸菌生産物質/サプリ/健康食品/アレルギー対応/グルテンフリー】 磁石

我々は、以前の記事で、多くの種類の保護概念が存在していることに言及した。 その理解や大半の種類の装置への適用が最も容易な概念の1つはパージである。

パージ、加圧、そして Ex p や EEx p は、いずれもこの概念を示す用語である。 この概念は、可燃性の物質を着火源から隔離し、 パージされたエンクロージャの表面温度が着火を生じるものでないことを 保証するという原理に基づいて働く。

概要

電気装置のエンクロージャの加圧とパージのテクニックは、 可燃性の雰囲気の侵入を防止するためのものである。 パージは防爆のための広く受け入れられている保護手段である。 それは世界的に (欧州規格、NFPA、あるいは IEC 規格を用いて) 受け入れられており、 比較的理解され易い。 防爆は、爆発性雰囲気を 全ての着火源 (熱的な、また電気的な) から隔離することによって達成される。 潜在的に着火を生ずる可能性のある装置はエンクロージャ内部に取り付けられ、 そのエンクロージャは大気圧と比較して陽圧 (必要となる陽圧は 0.5mbar に過ぎない) となるように加圧される。

この陽圧が維持されている限りは ガス (塵挨でさえも) はエンクロージャに侵入できず、 従って内部の機器は爆発性ガスには曝されない。 しかし、その陽圧が達成される前に 爆発性ガス混合物がエンクロージャ内部に侵入していた可能性もある。 エンクロージャが非爆発性ガス (すなわち空気や窒素) で加圧されていることを保証するために、 エンクロージャはその内部に存在していたものが流し去られて エンクロージャ内の全ての部分がパージ・ガスのみを含んでいることを 保証できるように「パージ」される (ここでは内部の塵挨のパージは考慮されていない)。 エンクロージャが「パージ」されたことを保証するためには、 通常は 5~10回の空気入れ換えを要する。 (欧州における最初の版のパージの規格は 5回の空気入れ換えを最小限と規定していたが、 北米においては 10回の空気入れ換えが最小限と規定されている。)

この「パージ」 (規定された時間のパージ・ガスの規定された流れ) が完了するまで 機器に電力を印加できないことが、Zone 1 向け機器の認証の条件である。 パージの効果の持続性の保証のために、エンクロージャの最大の漏洩率も規定される。 パージが完了したとしても、 規定された陽圧 (少なくとも 0.5mbar) が達成されるまでは 依然として電力は印加できない。

このパージ・サイクルの完了に失敗した (流量の低下や中断)、 あるいはエンクロージャ内圧が規定された陽圧以下に低下した場合には、 その機器への電力は切られなければならず (Zone 1 の場合)、 あるいは警告表示が示されなければならない (Zone 2 の場合)。

これらの3つのいずれの条件の場合においても、 完全なパージ時間での全面的なパージ・サイクルを開始し直さなければならない。 パージと加圧の自動的な管理は、通常は「パージ制御ユニット (PCU)」による。 PCU は流量と圧力を測定することが必須であり、 全ての条件においてフェール・セーフでなければならない。

パージされる機器を囲むエンクロージャは、 衝撃や過剰圧力に耐えるだけの充分な物理的インテグリティを持たねばならない。 また、エンクロージャは空気の自由な流れを促進するように設計されるべきである。 エンクロージャのインテグリティとしては IP40 (1mm よりも大きい穴のないもの) のレベルが必要であり、 いかなる非金属材料も その強度と劣化 (熱や光の影響に対する) に関して試験されねばならない。 機器の表面温度やプラスチック部品からの静電気などの 外部の要因も考慮されねばならない。 機器から高温の粒子が排出されないことを保証するために、 火花防止装置を取り付けねばならない (あるいは排出ガスを安全区域へ導かねばならない)。 このテクニックは、保護される装置の物理的寸法や電力定格にはほとんど制約されない。

腸内細菌ラクトバチルス菌ラムノシド(チョイスイミューン)得用200~50日分【サプリメント/腸内細菌ラクトバチルス菌/ラムノシド/乳酸菌生産物質/サプリ/健康食品/アレルギー対応/グルテンフリー】 腸内細菌ラクトバチルス菌ラムノシド(チョイスイミューン)得用200~50日分【サプリメント/腸内細菌ラクトバチルス菌/ラムノシド/乳酸菌生産物質/サプリ/健康食品/アレルギー対応/グルテンフリー】

パージ制御ユニットは以下の情報の測定と対処を行なえなければならない: {yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-11110