>  > 【送料無料】特選寿元詰め替え用(500g)【ジュゲン】【いつでもポイント10倍】
【 送料無料 】GONESH ガーネッシュ リードディフューザー 4個セット【 NO.4 】ルームフレグランス 芳香剤 車 部屋 ファブリック ルーム 人気 ギフト プレゼント フレグランス アロマ お香 消臭

【送料無料】特選寿元詰め替え用(500g)【ジュゲン】【いつでもポイント10倍】

【送料無料】特選寿元詰め替え用(500g)【ジュゲン】【いつでもポイント10倍】 ワイルドグレース

978-4-7827-0516-2 C3040
大野惇吉
京都大学名誉教授 大野惇吉 著
A5・並製・220頁/定価 2,700円(本体2,500円)
ビック・バンから137億年,地球誕生以来46億年,生命の誕生から38億年,そしてヒトがサルと決別したのが約500万年前 C-196 カウンターワゴン イエロー [4993083084851] 【送料無料・まとめ買い×10】マカロンブラシ ピスタチオ MB-1600P ヘアブラシ×10点セット(4544434101002)。この長い時間を『物質』をキーワードにまとめた一大パノラマ 【送料無料】(北海道・沖縄は除く)ビーバンジョア 黒髪創生エッセンス薬用 200ml【ジョアソーム 801】【医薬部外品】。

【送料無料】特選寿元詰め替え用(500g)【ジュゲン】【いつでもポイント10倍】




生長因子の量が多い特選寿元です。

商品詳細
商品番号10196
原材料国産大豆、国産無漂白小麦粉
内容量500g
召し上がり方自然の素材を100%使用しておりますので、特に制限はございませんが、1日20~60gを目安におすすめします。粉末を口に含み、水またはお湯を少し含んで、噛むように食べて下さい。
賞味期限製造日より1年4ヶ月
区分日本製・健康食品
広告文責有限会社自然館 0957-22-8770
販売元ジュゲン食品株式会社

。自然科学概論や総合講座のテキストとして最適な好著 【LADY COCO】アイラッシュトリートメント キューティクルベール 8ml 12本セット LADY COCO アイラッシュトリートメント キューティクルベール 8ml 12本 セット 【最大600円クーポン 】【送料無料】【x4個】タマリス ラクレアオー クセゲフレッシュ シャンプーK 600ml(詰替レフィルタイプ) TAMARIS La Clair eau 《詰め替え くせ毛 シャンプー shampoo》 。

【送料無料】特選寿元詰め替え用(500g)【ジュゲン】【いつでもポイント10倍】

【送料無料】特選寿元詰め替え用(500g)【ジュゲン】【いつでもポイント10倍】 【送料無料】特選寿元詰め替え用(500g)【ジュゲン】【いつでもポイント10倍】

1 ビッグ・バン-すべての始まり
 1.1 宇宙の原点
 1.2 天地創造
  1.2.1 ドップラー効果と膨張宇宙
  1.2.2 ビッグ・バンと断熱膨張
  1.2.3 5次元の宇宙
 1.3 素粒子の生成
  1.3.1 はじめに光ができた
  1.3.2 ビッグ・バンのなごり
  1.3.3 クォークの集合
 1.4 陽子と中性子の生存競争
 1.5 対称性のずれ
  1.5.1 なぜ粒子だけが?
  1.5.2 バリオン数の変化
  1.5.3 CP対称性の破壊
  1.5.4 熱力学的非平衡
  1.5.5 科学と社会学の接点

2 原子へ-素粒子の集合
 2.1 軽い原子核の生成
  2.1.1 水素原子核の生成
  2.1.2 ヘリウム原子核の生成
 2.2 重い原子核の生成
  2.2.1 星の素での核融合
  2.2.2 星の中心で
  2.2.3 重い星の中で?CNO回路
  2.2.4 もっと重い星の中では
  2.2.5 超新星の爆発
 2.3 宇宙の晴れ上がり
 2.4 宇宙の編年史
  2.4.1 もう1つの宇宙史
  2.4.2 元素の分布

3 原子-この美しい周期性
 3.1 原子構造モデルの歴史
  3.1.1 原子論の夜明け
  3.1.2 原子論の近代化
 3.2 原子の構造
  3.2.1 ボーアの原子モデル
  3.2.2 量子論に基づく原子モデル
 3.3 同 位 体
  3.3.1 原子と元素
  3.3.2 放射性同位体
 3.4 元素の周期律と周期表
  3.4.1 周期性の発見
  3.4.2 周期表を読む
  3.4.3 最外殻にある電子
 3.5 電 子 雲

4 分子へ-物質の基本
 4.1 原子から分子へ
 4.2 分子のでき方
 4.3 分子の形
  4.3.1 正四面体構造
  4.3.2 平面構造
 4.4 異 性 体
  4.4.1 シス-トランス異性体
  4.4.2 鏡像異性体
 4.5 分子の極性
  4.5.1 分 極
  4.5.2 水素結合
  4.5.3 ファン・デル・ワールス力
  4.5.4 水の特殊な性質
 4.6 ドレークの方程式

5 地球の鼓動-生命誕生の原動力
 5.1 地球の活動
  5.1.1 地球の構造
  5.1.2 プレート・テクトニクス
  5.1.3 プルーム・テクトニクス
 5.2 大陸の離合集散
  5.2.1 超 大 陸
  5.2.2 陸地の運動モデル
  5.2.3 現在と今後の地球

6 やがて生命へ-有機化合物の出現
 6.1 簡単な化合物から複雑な化合物へ
  6.1.1 アミノ酸とタンパク質
  6.1.2 核酸塩基と核酸
  6.1.3 糖類とデンプン・セルロース
  6.1.4 長鎖脂肪酸とミセル・ベシクル
  6.1.5 生体膜の有効利用
 6.2 いよいよ生命誕生へ
  6.2.1 ユーレーとミラーの実験
  6.2.2 オパーリンのコアセルベート説
  6.2.3 ブラック・スモーカー

7 DNAとRNA-命の伝達
 7.1 細胞の構造
  7.1.1 生命を維持する場
  7.1.2 核
  7.1.3 ミトコンドリア
  7.1.4 リボソーム
  7.1.5 葉 緑 体
 7.2 DNAの複写
  7.2.1 真核細胞での複写
  7.2.2 岡崎フラグメント
  7.2.3 原核細胞での複写
  7.2.4 ヒトの遺伝子
 7.3 DNAの寿命と修復
  7.3.1 テロメア
  7.3.2 こわれたDNAの修復
 7.4 DNAからタンパク質へ
  7.4.1 mRNAの作成
  7.4.2 tRNAの出番
  7.4.3 rRNAの仕事
 7.5 RNAワールド
  7.5.1 にわとりが先か卵が先か
  7.5.2 リボザイム
 7.6 利己的な遺伝子

8 自立した生命体-光合成
 8.1 光合成の背景
 8.2 光反応中心とクロロフィル
 8.3 明 反 応
  8.3.1 光合成系?
  8.3.2 光合成系?
  8.4 暗 反 応
  8.4.1 3種の暗反応
  8.4.2 カルビン回路(C3回路)
  8.4.3 ハッチ-スラック回路(C4回路)
  8.4.4 C3植物とC4植物の比較
 8.5 光呼吸反応

9 生命維持の効率化-呼吸と発酵
 9.1 栄養素の代謝
 9.2 解 糖 系
  9.2.1 グルコースからピルビン酸へ
  9.2.2 好気および嫌気条件下の反応
 9.3 クレブス回路(TAC回路)
  9.3.1 回路の組み立て
  9.3.2 回路と省エネルギー
 9.4 呼 吸 鎖
  9.4.1 電子の流れをつくる物質
  9.4.2 pH勾配の創出
 9.5 代謝のエネルギー収支
 9.6 脂肪酸とアミノ酸の代謝

10 自己認識-脳と神経
 10.1 神経細胞
  10.1.1 刺激の伝達手段
  10.1.2 脳というコンピューター
  10.1.3 脳科学の進歩
  10.1.4 ニューロン
  10.1.5 情報伝達物質
 10.2 神経細胞内での情報伝達
  10.2.1 Na+/K+チャンネル
  10.2.2 その他のイオンチャンネル
 10.3 神経細胞間での情報伝達
  10.3.1 シナプス前・後膜
  10.3.2 コ リ ン
  10.3.3. その他の情報伝達物質

11 未来につなぐ命-受精
 11.1 遺伝子継承者としての子孫
  11.1.1 生命の命
  11.1.2 無性生殖と有性生殖
  11.1.3 オスの存在意義
 11.2 配偶子の構造
  11.2.1 精子の構造
  11.2.2 卵子の構造
 11.3 受 精
  11.3.1 受精の準備
  11.3.2 先体反応
  11.3.3 透明帯反応
 11.4 雌雄(男女)の分かれ目
  11.4.1 X染色体とY染色体
  11.4.2  アンドロゲン・シャワー

12 人類への道-生物体の変遷
 12.1 進化か退化か
  12.1.1 自然の中のヒト
  12.1.2 ビッグ・バンにはじまるヒトの命
 12.2 最古の生物化石
  12.2.1 化石らしきもの
  12.2.2 ストロマトライト
  12.2.3 好気性細菌の出現
 12.3 真核生物の登場
  12.3.1 ミトコンドリアの取り組み
  12.3.2 ホメオボックス遺伝子
  12.3.3 葉緑体の取り組み
 12.4 多細胞生物の出現と有性生殖
  12.4.1 細胞間の役割分担
  12.4.2 有性生殖の発生
 12.5 エディアカラ生物群
 12.6 全球凍結
  12.6.1 寒冷下で生き残った生物
  12.6.2 やがて温暖化で種の増殖が
 12.7 バージェス生物群
  12.7.1 動物界そろい踏み
  12.7.2 外骨格から脊椎へ
 12.8 生物の陸上進出
  12.8.1 植物の上陸
  12.8.2 動物の上陸
  12.8.3 恐竜と鳥とほ乳類
  12.8.4 呼吸装置の改良
  12.8.5 ふたたび生物の絶滅
 12.9 霊長類の出現
  12.9.1 カルポレステス
  12.9.2 ほ乳類の樹上生活
  12.9.3 視覚の発達
 12.10 ヒトの出現
  12.10.1 猿 人
  12.10.2 原 人
  12.10.3 ホモ・サピエンス
  12.10.4 言語と生存力
 12.11 おわりに  

{yahoojp} {sankyoshuppan.co.jp}
{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-37321