>  > クオニス ダーマフィラー8包セット(左右2枚×8セット) 3個セット

クオニス 3個セット 3個セット クオニス ダーマフィラー8包セット(左右2枚×8セット)

一覧を見る

2018.08.18

働き方改革関連法、とくに同一労働同一賃金関連との対応

今後の労務管理上、大きなインパクトを与えるであろう「働き方改革関連法」が今年(2018年6月29日)の通常国会で可決成立、公布されました。

ご承知のように長時間労働の是正 送料無料【1位】≪糖の多い食事を摂りがちな方へ≫機能性表示食品 食善彩茶 30袋入×3(90袋入り) 1杯あたり87円【難消化性デキストリン 食物繊維 血糖値 ウーロン茶エキス ほうじ茶エキス ポリフェノール カテキン】ダイエット 美容 健康 糖質 ポイント消化 【商品】、同一労働同一賃金について国が労働分野において新たな規制を求めるものです。

その内、ここではいわゆる「同一労働同一賃金」をめぐる改正法の骨子と企業実務に関わる対応のポイントについて紹介します。

雇用形態にかかわりない公正な待遇の確保

今回の改正では、パート労働法の名称から「短時間労働者及び有期雇用労働者の雇用管理の改善等に関する法律(パート・有期雇用労働法)に改められ、双方に対する均等・均衡ルール等が統一的に規定する法律となります。

従って従来、労働契約法(20条)によって期間の定めがあることによる不合理な労働条件の禁止に関する規定は削除されます。

なおこれら改正事項は2020年4月1日より施行されます。ただし中小企業に対しては2021年度から施行されます。

  1. 不合理な待遇差を解消するための規定の整備
    1. 短時間・有期雇用労働者と正規雇用労働者との不合理な待遇の禁止に関し、均等・均衡ルールを整備 →パート労働法の改正・改称、労働契約法の改正
    2. 派遣労働者と派遣先労働者との不合理な待遇の禁止に関し 磁石付メディカルひざサポーター(1枚)片足用 Lサイズ※キャンセル不可※送料無料(北海道、沖縄、離島除く)、均等・均衡ルールを整備→派遣法の改正
    3. 労働者に対する待遇に関する説明義務の強化
    4. 短時間・有期雇用労働者 【創健社】ノニエキス 900ml、派遣労働者について、

      、待遇差の内容・理由等に関する説明を義務化→パート労働法、派遣法の改正

      3、履行確保措置・行政ADRの整備

      上記1、2、について行政による履行確保措置およびADR(裁判外紛争解決手続きの整備)

       

      義務付けられた実務上のポイント

      1、均等・均衡待遇ルールの整備

      パート・有期雇用労働法8条は全てのパート・有期雇用労働者を対象として基本給、賞与その他の待遇のそれぞれについて、対応する通常の労働者の待遇との間において不合理と認められる相違を設けてはならないと規定されます。

      では何が合理的かということが重要な判断になりますが、その基準は「職務の内容」 【 最大P34倍 ★ 1月16日1:59まで 】 穴あき中栓付きミニボトル 3ml 500本セット、「人材活用の仕組み等(職務の内容および配置の変更の範囲)「その他の事情」のうち「待遇の性質・目的に照らして適切と認められるもの」を考慮して判断するとされています。

      今後、パートタイマーや有期契約者の方から無期契約者や正社員との賃金や賞与、各種手当、福利厚生など全般にわたる待遇差や取扱いをめぐって異議や苦情が出されたり説明が求められることが予想されます。

      また同条の「不合理と認められるものであってはならない」との文言は使用者側が非正規社員と正社員との処遇格差について「合理的である」ことを立証する責任があります。

      この点では最高裁判決(ハマキョウレックス事件2018.6.1)で均等待遇が訴訟で争われる場合は同条違反とすることを争う者がそれぞれの主張立証責任を負うものと解されるとしています。

      いずれにしても企業側の対応としては次のような正社員とパート・有期社員との間の「職務の内容・責任」「人材活用の仕組み・運用」「その他の事情」などの比較区分を見える化しておくことが最優先の課題といえます。

{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-94526