>  > DHA+EPA 100粒 6個廣貫堂 広貫堂DHA+EPA

広貫堂DHA+EPA 100粒 6個廣貫堂 DHA+EPA DHA+EPA 6個廣貫堂

Kバレエ ユース第1回記念公演「白鳥の湖」バックステージ・レポート 第1回(場当たり・ゲネプロ編)
8月2日(金)。前日まで小石川スタジオで通し稽古を行っていたユースメンバーも、ついにこの日から劇場入りとなる。公演日前日となる本日は、Kバレエ カンパニーが通常行うのと同じように劇場にて場当り稽古(立ち位置や出入りの流れのチェックも含め、ステージのサイズ感をダンサー、スタッフともに身を持って確かめるリハーサル)とゲネプロ(衣裳・ヘアメイク・舞台化粧を行って本番同様に通してみるリハーサル)が行われる。朝の9時半より劇場入りしたメンバーの多くはオーチャードホールの楽屋口から劇場に入るのが初めてなのもあり、「いよいよ」という気持ちが自然と込み上げるようで、メンバーが一様に気の引き締まった顔をしていたのが印象的だった。
メンバーが入ってきて最初に目にする楽屋割の掲示板も、スクールでのクラス表記ではなく各自の名前が掲示され リサージ クリアエフェクター 30ml、自ずと一人ひとりがメンバーとしての意識を高めるような形がとられている。
そして間髪おかずに11時からステージ上にてクラスレッスンが始まる。前日に舞台スタッフによる仕込みを終えているので、ステージ上も既に公演仕様へと変貌をとげていた。
オーチャードホールという日本でも屈指の劇場の客席はそれだけでも見ごたえのあるもので、そこに満員の観客が入るかと思うと、演者ではなくとも興奮するのは想像に容易い。
また、いつもはスタジオで鏡を見ながらレッスンを受けているが、劇場では自分の踊りを確かめるための鏡の代わりにの観客の目を強く感じさせる客席があり、それは「もはやそういう段階ではない」ということを否応なしにダンサーに語りかけてくる。

12時過ぎにクラスレッスンが終わり、すぐさま13時から場当り稽古が始まる。稽古を始める前に総監督からメンバーに向けてメッセージが投げかけられた。
客席に全メンバーを集め、第1幕のセットが整っているステージを見せる。「このオーチャードホールのステージで、カンパニーが何年も受け継いでいる美しい舞台セットの中、君たちが踊れることは本当に素晴らしい経験だと思う。その意味をよく噛みしめてみて下さい」と言葉をかけ、メンバーの中からは「本当に綺麗。涙が出そうになった」という声も聞こえてきた。
そうして士気が高まった中、場当り稽古は始められる。場当り稽古は舞台化粧こそしないがヘアメイクをし、衣裳を着て行う。しかし、中にはやる気の表れか、場当り稽古の段階から舞台化粧もバッチリ決めて臨んでいる者も目立った。もちろん、少しでも本番と同じ状態で演じたいという冷静な考えもあるのだろうが、本番が近づくにつれ、単に「舞台が待ちきれない」という気持ちでメンバーの中に高揚感が漂っていることが見てとれる。
各幕担当の芸術助監督を中心として1幕から順番に細かな部分まで調整をしながら稽古が行われ、芸術監督の溝下司朗氏をはじめ、今回のプリンシパル・コーチングを務めた浅川紫織さん、

、遅沢佑介氏らも客席から最後まで 【送料無料・まとめ買い24個セット】花王 アトリックス ハンドミルク 200ml、事細かにチェックを行っていた。総監督も最初は客席から指導にあたっていたが、最終的には気になった部分はステージ上で直接、実際に一つひとつ手本を見せながら伝えていった。
本物の舞台装置の中で衣裳を着て踊るメンバーたちから、スタジオで見る姿とも違い一人のダンサーとしての輝きが見え始めるのも、この瞬間。「舞台をもっと大きく使って!」「後ろの方の人も自分たちのストーリーを作って演じなさい」ソリストたちの踊りに関しても指摘は出るが、この段階では作品としての細部を高めていく事に力が注がれる。観ている側が、作品の世界に違和感を感じずに入り込める状態を創り上げていかなければならない。溝下芸術監督が以前にスタジオでこぼしていた「今回の公演で一番難しいのは、実は貴族役かもしれない。彼らには動けない辛さがある。動けないのに今の自分とは異なる、大人としての雰囲気を醸し出して演技をしなければいけないのだから。それが一番難しいと思う。そういった意味で、今回は歩き方から演技の仕方まで、かなり勉強をしたと思うね」という言葉が思い起こされる。作品の完成度というのは、ソリストの力だけではなく、そういった細かなところに宿っていくものだということ。そうして場当りは、緊張感、集中力を保ったまま17時半過ぎまで、ほぼ休みなく行われた。
さらに18時半からは 【送料無料・まとめ買い×10】シュワルツコフ カラースペシャリスト A8 明るめのアッシュブラウン 医薬部外品 ×10点セット(4987234350452)、そのままゲネプロが始められる。場当り稽古では所々で止めて指摘をしながら進めていったが、ゲネプロはとにかく一度、全てを通す。総監督より「ゲネプロは全て本番と同じように行います。何があっても途中で止めません。君たちもその覚悟で臨むように」と一言メンバーに声がかけられスタート。劇場にはオーケストラが奏でるチャイコフスキーの音楽以外の音がなくなり、静まり返った空気の中、いわば0.5回目の『白鳥の湖』が空の客席に向けて上演される。
熊川版独自の、オデットが呪いをかけられる場面から始まり、王子の登場、オデットとのパ・ド・ドゥとつつがなく進み 、本番同様に25分の休憩を入れ、再度3幕から開始。
ディベルティスマンからオディールの登場、グラン・パ・ド・ドゥと進み、劇的な4幕。そして印象的なラストシーンまで大きな問題が起こることなく流れるようにカーテンコールまで進んでいった。
ゲネプロの出来に問題はなく、終了時には舞台上で先生方からの確認事項が数点メンバーに伝えられ、翌日に本番を控えているのでこの日はここで終了となった。メンバーたちも足早に劇場を出て、各自いろいろと思う部分を抱えつつ、明日に備え気持ちを新たに 【送料無料・まとめ買い×10】MANDOM マンダム ルシード 薬用アフターシェーブオイル 無香料 30g ×10点セット(4902806107760)、闘志を燃やしている様子だった。本番前日の今までで最も長く、濃密ともいえる一日がこうして幕を閉じた。

{yahoojp} {k-balletyouth.com}
{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-80430