>  > ()サプリケース付★スピルリナCA1800善玉カルシウム配合送料無料・代引き手数料無料

()サプリケース付★スピルリナCA1800善玉カルシウム配合送料無料・代引き手数料無料

()サプリケース付★スピルリナCA1800善玉カルシウム配合送料無料・代引き手数料無料 ()サプリケース付★スピルリナCA1800善玉カルシウム配合送料無料・代引き手数料無料


奨励 田代 英樹〔たしろ・ひでき〕
奨励者紹介 日本キリスト教団西陣教会伝道師

 「天の国は次のようにたとえられる。ある家の主人が、ぶどう園で働く労働者を雇うために、夜明けに出かけて行った。主人は、一日につき一デナリオンの約束で、労働者をぶどう園に送った。また、九時ごろ行ってみると、何もしないで広場に立っている人々がいたので、『あなたたちもぶどう園に行きなさい。ふさわしい賃金を払ってやろう』と言った。それで、その人たちは出かけて行った。主人は、十二時ごろと三時ごろにまた出て行き、同じようにした。五時ごろにも行ってみると、ほかの人々が立っていたので、『なぜ、何もしないで一日中ここに立っているのか』と尋ねると、彼らは、『だれも雇ってくれないのです』と言った。主人は彼らに、『あなたたちもぶどう園に行きなさい』と言った。夕方になって、ぶどう園の主人は監督に、『労働者たちを呼んで、最後に来た者から始めて、最初に来た者まで順に賃金を払ってやりなさい』と言った。そこで、五時ごろに雇われた人たちが来て、一デナリオンずつ受け取った。最初に雇われた人たちが来て、もっと多くもらえるだろうと思っていた。しかし、彼らも一デナリオンずつであった。それで、受け取ると、主人に不平を言った。『最後に来たこの連中は、一時間しか働きませんでした。まる一日、暑い中を辛抱して働いたわたしたちと、この連中とを同じ扱いにするとは。』主人はその一人に答えた。『友よ、あなたに不当なことはしていない。あなたはわたしと一デナリオンの約束をしたではないか。自分の分を受け取って帰りなさい。わたしはこの最後の者にも、あなたと同じように支払ってやりたいのだ。自分のものを自分のしたいようにしては、いけないか。それとも、わたしの気前のよさをねたむのか。』このように、後にいる者が先になり、先にいる者が後になる。」

(マタイによる福音書 二〇章一─一六節)


()サプリケース付★スピルリナCA1800善玉カルシウム配合送料無料・代引き手数料無料 香りのシャワー

 今回、京田辺チャペル・アワーでは初めてお話しさせていただきますが、僕は同志社大学神学部の大学院を二〇〇三年に卒業していまして、現在は京都市内にある西陣教会という所で伝道師をしております。さて、今日のテーマは「福音って何だろう?」ということですが、皆さんは「福音」という言葉を聞いて何を想像するでしょう。聖書の中では「イエス・キリストの福音」という言い回しを度々目にしますが、「福音」の意味について深く考えることはあまりないのではないかと思います。

 「福音」を広辞苑でひいてみますと、最初に『よろこばしいしらせ』とあります。しかし、なぜ「よろこばしいしらせ」を意味するのかはわかりません。それは「福音」という日本語自体、聖書からの外来語の翻訳なので、直接 、聖書の原典をあたってみないと言葉の由来はわからないからです。ということで、新約聖書の原典、オリジナルはギリシャ語で書かれているので、ギリシャ語の「福音」を考えてみましょう。ギリシャ語で「福音」はευαγγελον(エウアンゲリオン)と言います。エウが(良い)を意味し、アンゲリオンが(知らせ)という意味になります。古代ギリシャでは、エウ(良い)アンゲリオン(知らせ)で元来、勝利の伝令のような戦争の勝利や出産など、喜ばしいことを伝える手紙などを指し、良い知らせ、めでたいニュースの意味でありました。ちなみに、「知らせ」を意味するαγγελは天からの使いである天使、エンジェル(アンゲロス)という言葉の語源でもあります。ギリシャ語でευαγγελιον、「良き、知らせ」これを日本語に意訳して「福音」としています。同様に英語に意訳するとgospel(ゴスペル)ですが、これはもともと古い英語godspel(god good良い+spell tale話)からきており、やはり「良い知らせ」を意味しています。日本語の「福音」は意訳しすぎているので、英語のgospelの方がわかりやすいかもしれません。とにかく「福音」とは「良い知らせ」を意味しているのです。

 では次に「福音(良い知らせ)」とは何が良い知らせであるかを考えてみましょう。新約聖書にはマタイ・マルコ・ルカ・ヨハネという四つの福音書があります。それらの福音書の中で最初に書かれたマルコによる福音書では、「良い知らせ(福音)」とはイエスがのべ伝えた神の国の到来を指しています。マルコ一章一四~一五節で、イエスは故郷のガリラヤで「時は満ち、神の国は近づいた。悔い改めて福音を信じなさい」と福音宣教を開始します。困窮し差別される群衆に「神の国はもう直ぐ来る。回心して、『神の国が近い』という希望を信じなさい」と福音(良い知らせ)を伝えはじめたのです。一方、マタイによる福音書では「福音」の意味が違っています。マルコによる福音書では、「神の国の到来」を福音としていましたが、マタイによる福音書では、イエス・キリストの御国(天国)についての教えを、福音と理解しています。以上のことから、マタイではイエスの神の国についての教えを福音とし、マルコでは神の国の到来を知らせることを福音としています。しかし、イエスは神の国の到来について、譬え話を用いて教えているので、神の国についての教えと、神の国の到来は同義と捉えてよいかと思います。どちらも良い知らせ(福音)であるのです。

「ぶどう園の労働者」のたとえ話

 さて、今回の聖書箇所としてマタイ二〇章一~一六節の「ぶどう園の労働者」のたとえ、を選びました。皆さんはこの「ぶどう園の労働者」のたとえ話を読む度に釈然としない気持ちになるのではないでしょうか。なにしろ、この話では、ぶどう園で夜明け前から夕方の六時まで汗水を流して働いた人と、仕事が終了する一時間前にきて、たったの一時間しか働かなった人と、支払われる賃金は同額なのであります。常識的に「ぶどう園の労働者」のたとえ話を読むと、「一時間しか働かなかった人と、夜明け前から働いた人の賃金が同じなら、夜明け前から働いた人の苦労はどうなるのだ」という疑問が湧いて来るのは至極当然のことであると思います。

 しかし、「ぶどう園の労働者」のたとえ話は一見、理不尽な話のように見えますが、実はイエスが語った福音を端的に表しており、新約聖書の中心思想でもあるのです。それでは「ぶどう園の労働者」のたとえを見ていきましょう。

 話の中で、ぶどう園の主人は一日につき一デナリオンの賃金を払う約束をして、労働者を夜明けと九時と十二時と三時に雇い、ぶどう園に送り出しています。一デナリオンは労働者の一日の稼ぎに相当した金額だそうです。そして、ぶどう園の主人は、一日の仕事が終わろうとしている夕方の五時に「誰も雇ってくれない」と仕事にあぶれている労働者たちを見つけて雇いました。ぶどう園の主人は スターリ乳清 225粒×2瓶 免疫ミルク 兼松ウェルネス、夜明けから雇った人、九時と十二時と三時と五時に雇った労働者をぶどう園で働かせたのです。問題は労働者への賃金の支払いであります。夕方の六時に仕事が終了すると、主人は、遅い時間から来た人から順番に賃金を払っていきました。驚くべきことに終了間際の五時から来た人にも一日の報酬として一デナリオンが支払われました。こうなると、夜明けから働いていた人は五時から来た人の十倍は働いているので、自分はもっとたくさんの賃金を貰えるだろうと期待するのですが、残念なことに彼に支払われたのは同じ一デナリオンでした。こうなると、夜明けから働いていた人は納得がいかず「最後にきたこの連中は 【HiROSOPHY ヒロソフィー QCリポプラス 90粒】アルファリポ酸 コエンザイムQ10 Lカルニチン、一時間しか働きませんでした。まる一日、暑い中を辛抱して働いたわたしたちと、この連中とを同じ扱いにするとは・・・」(一二節)と主人に対して不平等じゃないか、と怒りをぶつけます。それに対して主人は「友よ、あなたに不当なことはしていない。あなたはわたしと一デナリオンの約束をしたではないか。自分の分を受け取って帰りなさい。わたしはこの最後の者にも、あなたと同じように支払ってやりたいのだ。自分のものを自分のしたいようにしては、いけないのか。それとも、わたしの気前のよさをねたむのか」と答えています。さらに話の締め括りとして「このように、後にいる者が先になり、先にいる者が後になる」(一六節)と語られることで、この譬え話は終わっています。普通に読んだら「正直者が馬鹿をみる」典型的な話のように思われます。夜明けから約十二時間働いた人と、一時間しか働かなかった人の賃金が同じだったら、社会の秩序は崩壊してしまいます。「夜明けから汗水流して働いても、一時間しか働かなかった奴と同じ金額しかもらえない不平等がまかり通るなら、俺も明日からは一時間だけ働いて一日分の給料をもらってやろう」と誰しも考えてしまうことでしょう。ただ、なぜここでイエスは正直者が報われないような話をしたのでしょうか。

イエスの福音(良い知らせ)とは

 そこで私たちは、イエスが生涯を通じて福音宣教の対象とした人びとのことを考える必要があります。それらの人たち、たとえば、ローマ帝国へ納める税金をユダヤ人から徴収する収税人、売春をして生計を立てていた娼婦と呼ばれる女性、ハンセン病にかかった人、などがいますが、それらの人たちは一般的な常識では決して救われることがありませんでした。当時のユダヤ人は、人間が救われるにはユダヤ教の律法の規則を守らねばならない、と信じていました。そこから律法を守ることのできない人は救いようのない穢れた存在として村八分にされる現実がありました。たとえば、ユダヤ教律法では仏像などの偶像を拝み、供え物をすることを堅く禁止していました。イエスの時代のローマ帝国では、ローマ皇帝は神と見なされ神殿に石像が祭られていました。ですから、ローマ帝国に税金を捧げる行為はユダヤ教では偶像に供え物をするという律法違反に該当しまして、ローマへの税金を徴収する収税人は律法違反と祖国ユダヤの裏切り者として蛇蠍のごとく忌み嫌われていました。また、売春をして生計を立てていた女性も十戒にある「汝姦淫するなかれ」という姦淫の罪を犯していたことから穢れた存在と見なされていました。ハンセン病の人たちも健康上のハンディから律法を守ることは困難でしたし、また皮膚の病気も旧約聖書のレビ記で穢れていると規定されていたので、穢れた存在として町外れに隔離されていました。つまり、当時のユダヤ社会ではこれら収税人、娼婦、ハンセン病の人は、初めから平等のラインには立っておらず、彼らがいくら救われたいと望んでも社会がそれを許さなかったのです。そんな事情を六節~七節は反映しています。「主人が五時ごろに行ってみると、ほかの人々が立っていたので『なぜ、何もしないで一日中ここに立っているのか?』と尋ねると、彼らは『だれも雇ってくれないのです』」と答えています。つまり、主人が五時に雇った人たちというのはユダヤの社会から差別され阻害されていた収税人、娼婦などの人びとのことであり、彼らは仕事をしたくても雇ってもらえない、ひるがえせば、救われたくても、救われないということが暗示されているのです。

 イエスはこれらユダヤ社会の常識では決して救われない人たちと進んで交わり、福音(良い知らせ)を伝えました。ぶどう園の労働者の話で、「後の者が先になり、先の者が後になる」という、現実の価値観を逆転された発想は 【お年玉コフレ・正規品・送料無料】COSMEお年玉コフレSET&エムアイエムシー ミネラルリキッドリーファンデーション リフィル 103ベージュ、どれほど収税人、売春婦 【送料無料】BC KUR Schwarzkopfカラーセーブ シャンプー 600mL詰め替え用 ×3個 セットBCクア シュワルツコフ、病人がユダヤ社会から差別、阻害されていようが神の無条件の赦し、無条件の愛はまず彼らに与えられるという、逆説(パラドクス)をイエスは語っているのです。このイエスの逆説的な無条件の赦し・愛こそ、一般的な平等の論理では決して救われない人を救うことができる画期的なものであるのです。そして、どんな人に対しても、まず神の無条件の赦しと愛が与えられていること、もっと噛み砕いて言うと「あなたたちは生まれてきてよかったんだよ。あなたたちのままでいいんだよ」という教えが、イエスの福音(良い知らせ)であり、新約聖書の根底に流れるキリスト教の中心思想なのです。

 イエスの論理が逆転する無条件の赦し・愛について、フランスの宗教哲学者ポール・リクールは「(否定的なニュアンス)~であるにも関わらず、さらに(肯定的ニュアンス)~する」と表現しており、これは新約聖書の随所で確認できます。たとえば、マタイ一八章一〇節以下に、飼っている百匹の羊のうち一匹が迷い出てしまい、たった一匹の羊のために、九十九匹を残して探しに行くという話があります。この話も、「九十九匹を残しているにも関わらず、さらに一匹を探す」と当てはめることができますし、通常の論理を逆転させた有り得ない愛が語られています。マタイ五章三八節以下では「悪人に手向かってはならない。だれかがあなたの右の頬を打つなら、左の頬をも向けなさい」とありますが、「右の頬をぶたれているにも関わらず、さらに左の頬を向ける」となります。次のマタイ五章四四節では「敵を愛し、自分を迫害する者のために祈りなさい」とあります。これも「敵であるにも関わらず、さらに自分を迫害する者のために祈る」となります。以上のことからイエスの語った福音は「~であるにも関わらず、さらに~する」という逆説的で、無条件に与えられている赦し・愛であるのです。

無条件の赦しと愛

 ここまで聖書の中での話をしてきましたが、

()サプリケース付★スピルリナCA1800善玉カルシウム配合送料無料・代引き手数料無料

スピルリナ 善玉カルシウム



スピルリナCA1800のスピルリナは、ハワイ島産です。
スピルリナは主に、アフリカやアジア各国で生産されていますが、
ハワイアンスピルリナは、世界でも最高級品質



スピルリナは、約35億年前から地球に存在してきた微細藻類の一種で、
その名の由来は、形がスパイラル(らせん)に似ているからです。



スピルリナは、少しの養分と太陽光で栄養に満ちた藻体をつくる強靭な生命力を持っています。
たんぱく質の含有量が70%に達することもあるアミノ酸バランスが優れた良質のたんぱく質です。
ビタミンやミネラルの種類も多く、各栄養素がバランスよく含まれています。

ハワイ島は、世界の天文台が集まるほど澄んだ空気と、
年間300日以上輝く豊かな太陽光に恵まれています。
さらに、生命にとって必要なミネラルをほとんど含むと言われる、
深海600mからくみ上げる海洋深層水で、スピルリナCA1800は培養されています。

 

ハワイアンスピルリナは、
高タンパクでアミノ酸バランスがよく、
食物繊維、必須脂肪酸、抗酸化色素などが豊富!

更にスピルリナCA1800には、
アスタキサンチンが7mg配合されています。


  海のカロテン アスタキサンチン

アスタキサンチンは、昔から食卓にあがるサケ、エビなどの魚介類や
ヘマトコッカス藻などに含まれる赤色の色素で、
緑黄色野菜で知られる天然カロテノイドの一種です。




ビタミンEの1000倍ものパワーがあり、海のカロテンとも呼ばれ強い抗酸化力があります。
スピルリナとともに摂取することで、
抗酸化力がさらにアップします。


天然カルシウム・風化カルシウム

風化カルシウムは、約1500万年前に生息したカミオニシキ貝が
長い年月をかけて風化化石化した自然の恵みと言える天然カルシウムです。
骨を元気にさせるだけでなく、細胞の活性化、血管の健全化など健康維持に活躍します。




スピルリナは骨の形成を助ける。

骨は、外側の皮質骨(ひしつこつ)と呼ばれる硬い部分と、内側の海綿骨(かいめんこつ)と呼ばれる
網目状の部分から成り立っています。




海綿骨組織の、細かくほぐれたような部分を、骨梁(こつりょう)と呼んでいます。

この部分は一見脆弱そうですが、
力を分散して支える、とても丈夫な構造をもっています。
この骨梁が悪くなると骨は「弾力性」を失い、骨折しやすくなります。
骨量が十分なのに骨折する人が増えています。

元気な骨=骨量+骨質(骨の柔軟性)

骨梁を元気にするには、良質のたんぱく質(コラーゲン)が必要です。
スピルリナには、良質のたんぱく質(コラーゲン)を多く含み、さらにβカロテン、ゼアキサンチン、
ビタミンK、ビタミンB6ビタミンB12、葉酸等骨を造るために必要な栄養素をたくさん含んでいます。


内容量 360g(200mg×1800粒)
原材料 スピルリナ
ヘマトコッカス藻色素(アスタキサンチン2%粉末)
風化カミオニシキ貝粉末(非活性Ca含有)
広告文責 株式会社トライハーツ
03-6383-4124
メーカー 株式会社ゲンサイ
区分 健康食品
原産国 ハワイ島/日本製



( *՞ਊ՞*)ノカードは最大24回払いまで利用可能☆

【 送料無料について 】

離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
発生する場合は、こちらより別途ご連絡を致します。



、最後に現実として、イエスの無条件の赦し・愛という福音(良い知らせ)がどのような役割を果たすかを考えたいと思います。

 教会で伝道師をやっていますと、さまざまな人の悩みの相談を受けることが多々あります。言ってみたら心理カウンセラーのような役割でありますが、鬱や不眠症やアルコール依存症などで相談にくる若い人たちに共通していることが、「親に愛されなかった」、または「自分の存在をこれまで周囲の人たちから肯定してもらったことがない」ということです。よってそれらの人たちは、自分は両親に愛されなかった存在なのだ、と思い込む傾向があり自己の存在理由を見出せずに苦しんでいます。周囲から「あなたは生まれてきてよかったんだよ」と肯定された経験がないので自分に自信が持てず、結果として過度にアルコールや恋愛に依存したり、鬱や不眠症の症状が続いていたり、一人で居ることが不安で常に誰かと一緒に居なければ気が済まないなどの状況に陥っています。これらの人たちの生育歴を聞いていると、たいてい共通していることが、両親が離婚している、あるいは両親が不仲で喧嘩の絶えなかった家庭であったり、親から虐待やネグレクトなど受けて育った過去を持っています。つまり彼らは親から「あなたは生まれてきてよかったんだよ」「あなたのままでいいんだよ」という無条件の愛を十分に受け取っていないという事実です。この辺の事情は最近の心理学では、赤ん坊の口唇期、肛門期の発達心理としてずいぶん解明されてきています。赤ん坊や乳児は自分の視界から母親の姿が消えると不安になり、烈しく泣いたり、母の後を追ってついてこようとします。このような行動は、母はもう自分の所には帰ってこないのではないか、という不安から引き起こされるのでありますが、授乳を受け、きちんと排泄の世話をしてもらい、優しい態度で接してもらうなど十分に愛情を与えられた子どもは、たとえ自分の視界から母親の姿が消えても、母親の帰りを待つことができるようになります。つまり、母親の帰りを待てる子どもは自分は愛されている、生まれてきて良かったんだ、というメッセージを母から受け取ったので、この人は必ず自分の所に帰ってくる、と信じることができるようになるのです。乳幼児期だけでなく、人は大人になるまでの期間に「自分には無条件で愛してくれる人が居て、生まれてきてよかったんだ」というメッセージを十~二十人くらいの人から受け取る必要があるとある心理学者は指摘していますが僕自身の人生に照らし合わせても事実のように思えます。つまり、人が本当の意味で自立し、他者を信頼したり、愛したりするためには、自分の両親以外からも、信頼できる学校の先生、自分の祖父母 【お年玉コフレ・正規品・送料無料】COSMEお年玉グロスコフレSET&ファンケル トリートメントマスカラ、近所のおじいさん・おばあさん、から無条件の愛を必要としているのです。ですから、心理学的には母親の帰りを信じられる子どもや、自立できている人は心の容器に愛情という液体が充分に注がれた人であると言えましょう。そして、人間は例外なく、心の容器に愛情という液体を必要としており、「あなたは生まれてきてよかったんだよ」というメッセージは全ての人の成長に必要不可欠であるのです。ここで、イエスの福音(良い知らせ)とわれわれに必要な無条件の愛は繋がってきます。無条件の赦し・愛を必要としているのは何も徴税人や娼婦だけでなく、全ての人が必要とし求めているのです。無条件の赦し・愛を心に注がれたからこそ他者にも思いやりを持てるようになり、自立できるのであれば「愛」自体が神から人間へ、親から子どもへ、隣人から隣人へ、循環していると言えましょう。だからこそ、充分に無条件の赦し・愛を与えられた人は次の世代に無条件の赦し・愛を与え返す義務があり、またそのように移行していけたらと願います。そして、愛の循環の中心、

()サプリケース付★スピルリナCA1800善玉カルシウム配合送料無料・代引き手数料無料

、愛を送り出す心臓としての役割を神が果たしているのです。そこにイエスの語った福音(良い知らせ)の中心があるのではないでしょうか。

二〇〇六年四月二十六日 京田辺チャペル・アワー「奨励」記録


ウィッグ・大人系【フルウイッグ】「カラー番号#3-5 Lサイズ(頭周り57~58cm) ピン2本付き」【ウィッグ】 医療用 ウイッグ 医療用 ウイッグ 医療用 ウイッグ
{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-383