>  > (24点セット)(サプリメント) オリヒロ 徳用減肥茶 (ラッピング不可)
DHA&EPA+サチャインチ 7袋セット(約7ヶ月分)《15%オフ・宅配便送料無料》
【官足法 G棒 桐製】4個の突起が付いた桐製の足ツボグッズ木の足ツボマッサージ器足もみ 足つぼ 健康法足のむくみ、冷え対策&解消に木の足ツボマッサージ器官事務所公認
文字サイズ

HOME 技術・製品情報 研究論文 2004年

オリヒロ (24点セット)(サプリメント) (ラッピング不可) 徳用減肥茶 オリヒロ (ラッピング不可)

  • 設備工事事業
    (空調衛生設備工事)
  • 機器製造販売事業
    (機器事業部)
  • 技術・製品一覧
  • イベント情報
  • 技術研究所
  • 研究論文
  • (24点セット)(サプリメント) オリヒロ 徳用減肥茶 (ラッピング不可)

    2004年

    No.17
    題名 自然エネルギー利用冷暖房システム
    発表先 太陽エネルギー新利用技術およびシステム化委員会
    発表年月 2004.11
    発表者 小金井真
    内容 当社技術研究所の自然エネルギー利用冷暖房システム及びソーラーウォー ルの紹介を行う。自然エネルギー利用冷暖房システムについては、当社技研の実験施設の紹介及び夏期、冬期の一定期間における必要エネルギー量、自然エネルギー供給率等の測定結果を紹介する。ソーラーウォールについては、その仕組みや国内外での実施例、ソーラーウォールユニットの紹介、実験結果の一例などを紹介する。
    実験結果はいずれも関連学会に公表済みのものである。
    No.16
    題名 愛知医大・実験動物センタ-におけるマウス飼育室内の飼育環境測定報告
    発表先 第31回日本実験動物環境研究会
    発表年月 2004.11
    発表者 村上栄造、河野仁志
    愛知医科大学:渥美ふき子 先生、瀧田恵美、伊藤美武、石川直久
    朝日工業社 本社 先端環境技術室:村山民樹、名古屋支店 谷恵介
    内容 最近では、組換えDNA実験の増加に伴い遺伝子改変マウスが急増している。そのため 、マウス飼育室の収容頭数が限界に達しており、落下細菌、付着細菌、臭気の増加により飼育環境が悪化してきている。そこで、その対策を検討するために実際に稼働しているマウス飼育室で臭気・菌測定を実施した。
    No.15
    題名 空気式太陽熱集熱器を用いた小型デシカントユニットに関する研究
    発表先 平成16年度日本太陽エネルギー学会・日本風力エネルギー協会
    合同研究発表会(北九州研究学園都市・産学連携センター)
    発表年月 2004.11
    発表者 生田紀夫、小金井真、柏瀬芳昭
    内容 デシカントロータの吸着性能向上及び室内排気からの冷熱回収のために再生側流路と処理側流路との間にデシカントロータ冷却のための第3の流路を設けた小型デシカントユニットを試作し、夏期に実施した実験について報告した。デシカントロータ冷却のための流路に室内排気を供給することにより、冷却に要するエネルギーを約8%削減することができること等を示した。
    No.14
    題名 送水ポンプ省エネ制御システム「エコノパイロット」
    発表先 「ヒートポンプとその応用」
    発表年月 2004.11
    発表者 谷恵介 【まとめ買い×012】ソミールプロダクツ ピタッとバナナクリップ リボン ブラウン BS-98012 ×012点セット(4972599647637)、小坂博道
    内容 画期的な省エネ効果が期待される空調用2次ポンプコントローラー「エコノパイロット」は、開発スタートから4年、発売から約2年あまりを経過し、その導入効果が実績として表れてきている。特許も国内及び海外2カ国で登録となった。空調機器メーカーでの機器単体に対する省エネ技術は日進月歩であるが、空調システムとしての省エネ技術は 【熊野筆メイクブラシ】灰リス100% 平筆フェイスブラシ【熊野筆 化粧筆 メイクブラシ 熊の筆】.、まだまだ発展途上であると考える。空調技術者の発想で開発した「エコノパイロット」は、導入、試運転、稼働および継続的最適化が容易に行える省エネシステムであり、既存システムへの導入を主眼としている。本稿ではその省エネ原理の解説と具体的事例によりその効果を説明する。
    No.13
    題名 固形製剤工場のクリーンルームにおける扉開閉の動特性と開閉による浮遊塵埃の移送
    発表先 空気調和・衛生工学会論文集
    発表年月 2004.10
    発表者 本田重夫、喜多義隆、磯野一智、柏瀬芳昭
    国立医薬品食品衛生研究所:森川馨
    内容 クリーンルームにおいて室間差圧の維持によりクロスコンタミネーションを防止するためには、室間の扉を全閉にした定常状態における室圧制御と扉を開放した時の気流方向の制御が行われる。しかし、非定常状態である扉開閉時の気流により引き起こされるクロスコンタミネーションについてはあまり考慮されていない。そこで本研究では、固形製剤のクリーンルームにおける扉開閉の動特性を気流可視化による定性的評価と3次元超音波風速計による定量的評価で明らかにした。内開き扉では開動作中に外開き扉では閉動作中に強い逆流が観測され、引き戸では開閉に伴う逆流はほとんど観測されなかった。逆流風速は引き戸<内開き扉<外開き扉の順に大きくなり 【最大600円クーポン 】【送料無料】【x4個】タマリス ラクレアオー フルリペア トリートメントF 600g(詰替レフィルタイプ) TAMARIS La Clair eau 《詰め替え 美容室 サロン専売品》、逆流風速に対する初期設定の室間差圧の影響はほとんどないことがわかった。
    No.12
    題名 デシカント空調・換気によるダンプハウス対策に関する研究(その2)
    実験用システムの性能試験結果
    発表先 平成16年度空気調和・衛生工学会大会(名古屋)
    発表年月 2004.09
    発表者 小金井真、生田紀夫
    内容 当社の設計・施工により東京大学生産技術研究所千葉実験場に構築したデシカント空調システムの性能把握試験の結果を報告した。ヒートポンプなどの低温排熱をデシカント空調機の乾燥剤の再生に利用することを想定して、比較的低温の空気(43℃~67℃)を乾燥剤に供給した。再生温度が低いほどCOPが高くなるが、除湿性能は低下することなどを明らかにした。
    No.11
    題名 自然エネルギー利用冷暖房システムに関する研究(その3)
    夏期及び冬期の試験結果
    発表先 平成16年度空気調和・衛生工学会大会(名古屋)
    発表年月 2004.09
    発表者 小金井真 【数量限定】 AROMASTICと出かけよう!M.U.G x PORTER GRAIN MULTI POUCH for AROMASTIC、生田紀夫、柏瀬芳昭
    内容 自然エネルギー利用冷暖房システムの夏期・冬期の一定期間におけるエネルギー使用量、自然エネルギー供給率について報告した。一日のエネルギー供給率は日積算日射量に強く依存するが、システムを駆動するのに必要なエネルギーの20-65%(夏期)、30-97%(冬期)が自然エネルギーにより供給されること等を示した。
    No.10
    題名 固形製剤工場のクリーンルームにおける扉開閉の動特性開閉による浮遊塵埃の移送
    発表先 平成16年度空気調和・衛生工学会大会(名古屋)
    発表年月 2004.09
    発表者 本田重夫、喜多義隆、磯野一智、柏瀬芳昭
    内容 クリーンルームにおいて室間差圧の維持によりクロスコンタミネーションを防止するためには、室間の扉を全閉にした定常状態における室圧制御と扉を開放した時の気流方向の制御が行われる。しかし、非定常状態である扉開閉時の気流により引き起こされるクロスコンタミネーションについてはあまり考慮されていない。そこで本研究では、固形製剤のクリーンルームにおける扉開閉の動特性を気流可視化による定性的評価と3次元超音波風速計による定量的評価で明らかにした。内開き扉では開動作中に外開き扉では閉動作中に強い逆流が観測され、引き戸では開閉に伴う逆流はほとんど観測されなかった。逆流風速は引き戸<内開き扉<外開き扉の順に大きくなり、逆流風速に対する初期設定の室間差圧の影響はほとんどないことがわかった。

    (24点セット)(サプリメント) オリヒロ グロスルージュグレイズ(6g)+スキンケアセット 徳用減肥茶 (ラッピング不可) ルーチェ

    No.9
    題名 自然エネルギー利用冷暖房システム
    発表先 太陽エネルギー学会
    発表年月 2004.09
    発表者 小金井真
    内容 当社技術研究所の自然エネルギー利用冷暖房システム及びソーラーウォー ルの紹介を行う。自然エネルギー利用冷暖房システムについては、当社技 研の実験施設の紹介及び夏期、冬期における代表的な測定結果の一例などを紹介する。ソーラーウォールについては、その仕組みや国内外での実施。
    例、ソーラーウォールユニットの紹介、実験結果の一例などを紹介する。 実験結果はいずれも関連学会に公表済みのものである。
    No.8
    題名 デシカント通風・空調によるダンプハウス対策に関する研究(その1)
    システム概要および実験結果
    発表先 2004年度日本建築学会大会(北海道)学術講演会
    発表年月 2004.08
    発表者 小金井真、生田紀夫
    内容 デシカント空調システムを利用した換気を行うことにより、ダンプハウス(湿気た家)問題の対策となる室内および空調システムで結露させないドレンレス空調システムを検討することを目的とする。さらに、エネルギーの有効利用および自然エネルギーの導入により環境配慮型空調システムとなることを図る。本報では、ダンプハウス問題に関する国内・海外研究動向およびその対策として本研究で検討しているデシカント空調システムの概要および実験結果に関して報告する。
    No.7
    題名 病室における臭気感覚評価と臭気成分分析
    発表先 2004年度日本建築学会大会(北海道)学術講演会
    発表年月 2004.08
    発表者 村上 栄造
    大同工業大学:兪美善、光田恵  ノリタケカンパニ-:安藤貴弘
    八千代病院:松本隆利、永坂和子
    内容 病室において臭気測定を行い、感覚的に影響を及ぼしている臭気成分について検討した。その結果、病室の主な臭気成分はアルテヒド類であり、約80%を占めていることが明らかとなった。また、硫黄系化合物が5~10%程度を占めた。このようなタイプの病室において有効な臭気対策を実施するには、アルデヒド類の除去対策を検討することが必要であることがわかった。
    No.6
    題名 非一方向流式クリーンルームにおける扉開閉の動特性
    発表先 2004年度日本建築学会大会(北海道)学術講演会
    発表年月 2004.08
    発表者 本田重夫、柏瀬芳昭、喜多義隆、磯野一智
    国立医薬品食品衛生研究所:森川肇
    内容 クリーンルームにおいて室間差圧の維持によりクロスコンタミネーションを防止するためには、室間の扉を全閉にした定常状態における室圧制御と扉を開放した時の気流方向の制御が行われる。しかし、非定常状態である扉開閉時の気流により引き起こされるクロスコンタミネーションについてはあまり考慮されていない。そこで本研究では、非一方向流式クリーンルームにおける扉開閉の動特性を気流可視化による定性的評価と3次元超音波風速計による定量的評価で明らかにした。内開き扉では開動作中に外開き扉では閉動作中に強い逆流が観測され、引き戸では開閉に伴う逆流はほとんど観測されなかった。逆流風速は引き戸<内開き扉<外開き扉の順に大きくなり、逆流風速に対する初期設定の室間差圧の影響はほとんどないことがわかった。
    No.5
    題名 東洋乳業(株)潜熱蓄熱槽増設工事
    発表先 「ヒートポンプとその応用」
    発表年月 2004.07
    発表者 古屋洋一
    内容 広島市の最北部可部に位置する東洋乳業は、昭和34年に会社設立の後、中国地方の拠点として乳製品の広範囲に渡る供給を担っており、一部の製品は関西・九州圏にまで出荷をしている。主な製品は、市乳・ヨーグルト・アイスクリームの3種類であり、品目としては数十種類に渡る製造を行っている。今回紹介する潜熱蓄熱設備は、上記に述べた施設拡張に伴い不足してきた冷熱源の増強を行うもので、同時に電力量の増加を極力抑える事を目的として、生産系に使われている冷凍機を夜間の未使用時間帯に運転することを計画したものである。
    No.4
    題名 第22回研究大会印象記
    発表先 空気清浄 42巻1号
    発表年月 2004.05
    発表者 河野仁志
    内容 第22回空気清浄とコンタミネーションコントロール研究大会に参加しての印象を光触媒を用いた空気浄化技術を中心に記述。
    No.3
    題名 病室における臭気測定
    発表先 第17回 におい・かおり環境学会
    発表年月 2004.05
    発表者 村上栄造
    大同工業大学:兪美善 光田恵  ノリタケカンパニー:安藤貴弘
    八千代病院:松本隆利 永坂和子
    内容 光触媒機能付空気清浄機は 【正規品・送料無料】ルナソル クリーミィマットリクイドリップス 05 Berry(6g)+クイーンローション120ml、実際の病室で発生した硫黄系化合物に対して高い除去効果があることを確認した。また、病室において臭気測定を行い、感覚的に影響を及ぼしている臭気成分について検討した結果、病室の主な臭気成分はアルテヒド類であり、約80%を占めていることが明らかとなった。
    No.2
    題名 半導体式においセンサ-を用いた脱臭制御に関する研究
    発表先 第17回 におい・かおり環境学会
    発表年月 2004.05
    発表者 村上栄造、河野仁志
    内容 脱臭装置は、臭気の負荷変動に関わらず、定常運転することが最も有効であるが、装置の保守の頻度やランニングコストが増大する。そこで、半導体式においセンサ-で臭気の負荷変動を捉え、排出許容レベルを下回る場合には、脱臭処理せずに排気する脱臭制御を検討し、フィ-ルド試験を実施した。その結果、においセンサ-で脱臭装置を制御するシステムでは、制御していないシステムより、吸着剤の寿命を延命させることができた。
    No.1
    題名 銀を担持した光触媒フィルタ-による硫化水素の除去
    発表先 第22回空気清浄とコンタミネ-ションコントロ-ル研究大会
    発表年月 2004.04
    発表者 村上栄造、河野仁志
    (株)ノリタケカンパニーリミテド 開発技術本部:加藤真示
    内容 酸化チタン表面にナノサイズの銀を担持した光触媒フィルタ-を用いて、

    、硫化水素の除去を試みた。その結果、除去性能は7%から58%まで向上した。また、

    (24点セット)(サプリメント) オリヒロ 徳用減肥茶 (ラッピング不可)

    、光触媒反応により除去された硫化水素のおよそ90%が硫酸に酸化されることを確認した。

    ページトップに戻る

    {yahoojp} {asahikogyosha.co.jp}
{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-22766