>  > shotz(ショッツ) Energy Gel エナジージェル (25個入りケース)栄養エネルギー補給【サプリメント】

心臓の病気あれこれ

shotz(ショッツ) ソフトカーリースタイル【レオンカ正規代理店】 Energy 50ml Gel エナジージェル (25個入りケース)栄養エネルギー補給【サプリメント】

狭心症や心筋梗塞などの虚血性心疾患は、心臓の筋肉に必要な栄養や酸素を運ぶ血管(冠動脈)が細くなったり詰まったりして、心臓に十分な血液が送られなくなることによって起こります。このため治療は、血管の狭くなった部分を広げて、血液のスムーズな流れを取り戻すことが目的となります 【送料無料】【母の日】【ホワイトデー】【ギフト】JOYSOAP!ヒノキ【10個セット】 無添加 自然 手作り石鹸 Hand made in Japan。方法は大きく分けて、薬物治療・経皮的冠動脈インターベンション(PCI)・冠動脈バイパス手術(CABG)の3つがあります。

経皮的冠動脈インターベンション(PCI)は、脚の付け根や腕、手首などの血管から、カテーテルという医療用の細く柔らかいチューブを差し込んで、冠動脈の狭くなった部分を治療する方法です。先端にバルーン(風船)を取り付けたカテーテルでバルーンを内側から膨らませて血管を押し広げる方法(バルーン療法)が基本です。

体に大きな傷をつけることがなく、局所麻酔によって患者さんの意識のある中で進めることもできるため、胸を大きく開くバイパス手術に比べ、患者さんの体にかかる負担は少なくてすみます。このため、症状が比較的軽い場合や、高齢者も含め、多くの患者さんに対して行われるようになりました。

ただ最近は、再び血管が詰まってしまう場合(再狭窄)もあるため、これを防ぐために、ステントと呼ばれる器具を使うことが増えています。ステントは金属を網の目状にした筒で、バルーンで血流を再開させた後に血管の中に留め置き、血管を内側から補強します。

また、病変が非常に硬くなっている場合(石灰化)など、バルーンやステントだけでは治療がむずかしいときには、ロータブレータと呼ばれる特殊な機器を使って血管の狭くなった部分を削りとることもあります。

{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-83499